くれぽんすぴん!!

社会不適合者による人生楽しく楽にくらしたいという願いがこもったブログです。

天気の子と僕。

ネタバレ全開です。

あと僕自身のことも書いてます。

 

天気の子観て来ました。

ここのところ天気めっちゃ悪かったし台風もあったけれど、嘘みたいに晴れて暑い日が続きますね。

熱中症には本当に気をつけてください。

これも異常気象…?🤔

 

f:id:creponn_supinn:20190818200706j:image

 

この作品を一言で表すなら「反逆」です。

「こんな狂った世界」だからこそ僕らの心に届き、響かせる。

そんな「熱さ」を持った映画です。

正直展開が激アツで予想外でした。

 

プロメアが外から強火でガンガンに焼いてくるのに対して

天気の子は圧力鍋で内から外でじわじわと焼いてくる感じでした。

 

どっちも面白いし滾るものがあるので、ぜひ映画館で観て欲しい。

そんな映画です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クソネタバレだと「新劇場版エヴァンゲリオン破→Qのグッドルート」

 

穂高は堂々と「天気がずっと雨でいい。ただ陽菜と会いたい。陽菜と一緒にいたい。そのためなら世界がどうなっても構わない。」

と断言するシーン。

正直クソ痺れた。ああ、アニメを含めここまでそう断言できる作品があっただろうか?

天気の子はセカイ系ジャンルなんだけど、世界(東京)の命運を陽菜が握っている。

 

世界(東京)がずっと雨でそれで予想される未曾有の被害を抑えるか。

陽菜を取り戻し一緒に生活するか。

 

他のセカイ系の作品だと「奇跡」や「異次元パワー」で世界を救い、ヒロインも救うものや、世界を救い、主人公とヒロインは幸せな笑顔で消滅するものが多かったと思う。

 

いわゆる「ご都合主義」を完全に逆らっている。

陽菜を救った後、穂高は瀧のおばあちゃんの家(水没したあと引っ越した家)に立寄っている。

ごめんなさいと謝るシーンがあるおばあちゃんはなんで謝るの?という表情。

そして「東京は元々水没してたから元に戻っただけ。自然の摂理だよ。」と諭す。

 

穂高は陽菜を選び世界(東京)を水没させた。

陽菜に会う前に悩みながら歩くけれど、陽菜に再会しその迷いは振り切って、ここからまた始まるんだと終わる。

エヴァQだとひたすらに絶望しかないんやなっていうのがよくわかる…。

 

10代の男の子と女の子が「自分のしたいこと」を世界に逆らい実現させた。

たとえ世界は変わったとしても、その選択に迷いも後悔もなく前に進むというのがありありと見えて本当に良かった。

こんな狂った世界だからこそ届くメッセージ。

やりたいことをやれずに「大人」になった須田と穂高の対比も上手い。

穂高と陽菜が今の僕にはとてもまぶしかった。

 

ちょうど僕は天気の子を観る前にかわさきしゅんいちさんがhttps://twitter.com/nupotsu104/status/1159192238338928641?s=21

カフェギャラリーきのね

https://twitter.com/kinone_cg/status/1048500340134309888?s=21

で個展をしているので寄っていた。

彼ら絵本作家であるかわさきくんときのねのオーナーのしろすけくんはともに僕の大学のときの友人でいつかこうしたいという夢と目標を持っていた。

 

個展もカフェもとても盛況とのこと。

僕はとても嬉しかった。

同時に僕は人の成功に手放しで喜べるんだと思えた。

色々と話は聞いているけれど、それでも前に進んでる彼らが僕にはとてもまぶしかった。

彼らはきっと大丈夫。

 

対して僕はどうなんだろう。

天気の子も彼らの個展も見て思ったけど、

 

「僕はやりたいことをやれているのか」

 

「僕は幸せなのか」

 

と自問自答している。

 

彼らと同じように僕にも目標や夢がある、

やるべきことややりたいことたくさんある。

でも何一つ成し遂げられていない。

実は大学時代のころからそう思っていてずっとずっと焦燥に駆られている。

 

親友といえる友達には「お前は焦りすぎだ。もっと休んでいい。」と言われた。

でも僕はマイナスからのスタートで「0」にするためには普通の人よりもリスクを払いレバレッジをかけ、色んなことを勉強したり、やったり、挑戦するしかない。

そうじゃないと「0」にして「普通」になることもできない。

最近はやるエネルギーすら失われているのがよく分かる。

でも頭の中では理想、夢、目標があってやらなければならないという焦燥感だけはある。

 

この繰り返し。

 

ただ今日この日、こうして綴っている中で改めて思えたことが1つある。

 

自分に正直になろう。自分自身が1番の味方でいよう。

 

僕は人に対してはよほどのことがない限り何も思わないのに、自分自身に対して非常に厳しい。

僕が決して人に言わないようなことを、誰もそんなことは言ってない、やってない、思ってもないだろうことを自分自身で反芻している。

そうじゃなくて僕が逆に人に対して言っていることを自分自身に反芻しよう。

 

死んだ心に水を与えてくれたそんな日でした。

レゴロボ「Vedfolnir」

f:id:creponn_supinn:20190701123135j:image

レゴロボ「Vedfolnir」(ヴェズルフェルニル)

完成してました。

 

「風を打ち消す者」とも呼ばれる。

音と姿、感覚を消す力を持つ機体。

肩幅が狭く深緑でバイザーマスクヘッドが特徴。

センサーにも映らない、音もわからない、姿も見えない暗殺者。諜報活動にも貢献。

自身はバイザーマスクヘッドであらゆるものを見通せる。

スナイパーライフルの威力は凄まじく、遮蔽物も関係なく撃ち抜く。弾丸は実弾。

近距離では腕にある仕込みナイフで確実に仕留める。

攻撃力とスピードに特化。

感覚やセンサーを消す力も相まって攻撃を当てることは非常に困難を極める。

機体を限界まで軽くしているため、防御力は低い。


f:id:creponn_supinn:20190701123126j:image

背中から延びる第3の腕を含め巨大やスナイパーライフルを固定でに、僅かなブレも修正できる高精度の狙撃プログラムを持つ。


f:id:creponn_supinn:20190701123130j:image

スコープはVedfolnirのモニターと同期している。

覗く必要は本来無いが、機体のもつ狙撃プログラムと搭乗者のもつ狙撃技術を組み合わせた結果、人間と同じように狙撃スタイルを取るようにしている。

 

1度、こういう細い機体を作りたいと思い作ってみました。

イメージはロビンフッド、ドイツ

スピードチャンピオンのダークグリーンマスタングを2台使用。

カラーリングがスピードチャンピオンに依存しすぎているのは良くないと思う(溜まるタイヤ)

 

今回、頭と胴体のデザインが上手く作ることができました。

いつもゴリゴリのヒーローロボットを作るのですが、今回はあえてそれを避けたデザインにしてみました。

バイザーヘッドカッコイイよね。

ちなみにバイザーの下はモノアイです。

 

あっ、モノアイロボも作りたいね🤔

ロボットと僕。

ロボットが好きですと答えるとだいたい言われることがある。

 

「やっぱガンダム好きなの?」

 

この問に悪意は一切無い。

もしあったのならよほど嫌いなのか人格がねじ曲がってるかのどちらかだ。

これはただ質問者が今後の会話を広げるためのジャブにすぎない。

 

大カテゴリーが好きという情報の開示に更に小カテゴリーでは何が好きか?

という質問は日常においても展開されると思う。

この冒頭の会話の投げかけあいは、まさにこの展開をそのままなぞっている。

 

ケーキが好きなんですという自分が開示した情報に対し、

ショートケーキが1番好きなの?という相手の問いと何ら変わらない。

 

ガンダムならファーストから最近なら鉄血、ビルドダイバーズなどあるので、幅広い選択肢がある。

互いをまだよく知らない中で安全牌を取るのは自然だ。

 

と、小難しい話はおいといてヽ(・∀・ヽ)(っ・∀・)っ

 

よく冒頭の質問をされるんですが、

ぶっちゃけた話をするとガンダムには興味をそそられないんですよね。

 

何でと言われたら単純で、ヒューマンドラマが長い。

そしてやっと戦闘シーン!と思ったら

宇宙でビュンビュン飛んで躱しまくって

ビーム打ってあっさり破壊する…。

そういうシーンが多いのが最大の理由。

 

ロボやメカの作品は整備シーンや格納庫のシーンがあったり、盛大に正面から戦って派手に倒して、派手にやられる。

メカ要素が非常に多いとなおよし。

これが最高にカッコいいと思ってるので、僕にガンダムは合わない。

鉄血のオルフェンズと08だけは全編通して見たけど、メカ要素が多くて僕には合ってた。

鉄血は最初の起動シーンや陸での戦闘シーンが多くて好きだったんだけど、最後のあたりかなりグダってたのが残念。

宇宙行くとやっぱあかんね…。戦闘が単調になる。

 

ならどういうロボの作品が好きか?と言われると

勇者シリーズが1番好きだと胸を張って言える。

他にはエヴァンゲリオンパシフィック・リム、最近ならシンカリオン

 

これらに共通しているのは敵が複雑に利権や関係が絡み合う人間ではなく、倒さないといけない絶対悪が存在すること。

様々な状況、全く違うタイプの敵が出てきて、話ごとに対応、パワーアップしたり、特殊な撃破方法を編み出したりというロボ、メカを中心とした話の構成がとても好き。

 

あと合体はロマン。

 

勇者シリーズが終わってちょうど20年経つ。

新しい合体ロボのシリーズ出してください。

君の名は。と僕。

大ヒット映画「君の名は。

 

中身は説明するまでもないけど、簡単に言えば、イケメンと美少女の中身が入れ替わってそれぞれあれこれするお話です。

 

これからする話は僕の身の上話だから、君の名は。の内容に関することとかは少ししか触れない。

お前の身の上話なんか興味ねぇよと言う人はもちろん戻った方がいい。

これを書くに至ったのは自分の中にあるものを整理しようと思ったから。

 

この作品は背景が美麗で、田舎の神秘さや都会の文明を明確に映し出し、BGMも良く、そして登場するキャラクター一人一人が良く描かれている。

 

映画にそこまで詳しくない僕でも、この作品の完成度は非常に高いと感じる。

映画館で観た時は瞬きすら忘れるほど魅入った。

こんなに透き通るほど綺麗な映画があるのかと。

 

君の名は。が上映された当初、

僕はこの時「とても上手くいっていた。」

何しても上手く好転すると言ってもいいくらい「上手くいっていた。」

この「上手くいく」感覚は大学生の頃以来だった。

もうとても楽しかった。

ハメを外しまくった時期でもある。

 

だから僕はこの時、1人でこの映画を観てはいなかった。

たいてい何かしらしたあとはとある広場で適当に座り込んで、他愛ないことを聞いたり話したりことが多くて、この日もまた例外ではなかった。

 

夏の夜は暑くもなく、噴水の音や風の音など都会のど真ん中なのに自然を感じられて、とても涼しかった。

 

この時本当に心の底から楽しかった。

 

僕は「君の名は。」にあの時の綺麗な思い出や出来事も一緒に閉じ込めてしまった。

もう今では連絡も取ってなくて何年か経つし、いまなにしているのかわからない。

ただ僕は引きずっている訳でもないし、お互いさっぱりして別れたから後悔もないけれど、どうしてもこの時の思い出は頭から離れることができない。

 

今ではどうしたら「上手くいくのか」全くわからない。

心の底から楽しむということが出来なくなりつつある。

わからないまま行動しても何も良くならない。

この歯車が全く噛み合わない感じが堪らなく不愉快。

自分の中で闇が深まってきているのを嫌でも感じてしまう。

 

あまりにも綺麗で尊いものは、今の僕には眩しすぎる。

 

僕がもう一度「君の名は。」を観られる時はあの時の自分を取り戻せた時だと思う。

レゴロボ"Sirius"

f:id:creponn_supinn:20190130003909j:image

f:id:creponn_supinn:20190130003913j:image

レゴロボ  "Sirius" 完成してました。

無駄をできる限り省いたことにより大幅な軽量化を実現した高起動型。

二丁拳銃による早撃ちで敵を射貫く。

 

投資のチャートを見つつ、レゴを組んでました😇

今年初のレゴの新作はリハビリ的なものを兼ねてミニロボです。

ミニロボの構成はミサトモさん(@amnmstm1 )が作ったフレームを参考にしています。

普段から比較的大きめのサイズ(30cm近いもの)

を作っているので、このような小さいサイズは作りなれていなかったのですがミサトモさんがフレームを紹介していたので挑戦してみました。

 

作ってみると予想以上に早く完成してビックリしました。フレームが優秀😭✨

使用するパーツも少ないのでトライアンドエラーが容易。

パーツこそ少ないですが本格的なロボの造形なのでプロポーションも映えます。

小さいのでジオラマも作りやすいですね。

たくさん作って並べてみたいです。

 

作ってみて感じたのは小さくなればなるほど1つのパーツあたりの情報量が相対的に多くなるので、パーツ選びはより重要になってくるということですね🤔

見立てが上手ければよりカッコいいものが仕上げられます。

普段見立てがあまり機能しないサイズで作っていることがほとんどなので今回は新鮮でした。

 

今作品作りかけのものがあるんですが、ダークグリーンのパーツが足りなくて作られない状態が続いています。

作りたい、やってみたいことはあるのですがなかなか実行できないでいます( ˘•_•˘ ).。oஇ

大切なことは少しでもやって前を進めるということですね。

 

今年はレゴでオフ会をはじめ楽しいイベントを色々できたらなぁと思っています。

よろしくお願いします🙏✨

1/25 トレード

分析

15分~1時間足のMACDストキャスティクスRSI、RSIが全て売りが強いサインが出ていたので、385003でショートIN。

買いが集まっていた付近の322000で指値買い。

指値ヒットで2800幅抜き。

sage音のイナゴがなりまくったときめっちゃテンション上がるL(’ω’)┘三└(’ω’)」

 

あと調子に乗ってもう一度落ちるだろうと思い成行でポジション持ったら損しました( ˘•_•˘ ).。oஇ

大幅利益で終われたからいいけれど。

 

成行でポジション持たないことと、1度決済したら時間空けて相場をみることマジで大事ですね…。

 

分析も指値もまんま上手くいったから理想的な利益な上げ方だと思います。

ヒゲキャッチというよりヒゲで売る(買う)という感じ。

どこに買い(売り)が集まってるかで皆がどこまで上がるか(下がるか)を意識しているのかがわかるようになったのがとても大きい。

 

なので今後は

テクニカル分析をして、いけるときだけINする。

・買い、売りが多く集まっている周辺に指値を置く。

・1度決済したら1時間は間を置く。

・成行でポジションを持たない。

ことを徹底します。これを1~2時間。

調子に乗るとすぐに利益が飛ぶ( ˘•_•˘ ).。oஇ

この方法はスキャルピングデイトレードの中間のトレードになるのかな?

 

テクニカル分析も大事ですが、ツールを上手く使えるようにのも大事。

テクニカル分析はクリプトウォッチ

買い、売りの多さの観察はbflightning

いなごフライヤー

あとdecoboardかな。

使い方まだイマイチわかってないところがあるので、理解しよう( ˘•_•˘ ).。oஇ

 

現状あまりファンダメンタルの要素が少なくて、テクニカルと大口、大衆の動向を意識していれば勝てる感じなのか?🤔

 

なんにせよ今日の利益はかなり大きい成功体験。

これをどれだけ積み重ねられていくかが勝負どころかな。

スマホゲームのおはようからおやすみまで

ローグライクRPG風来のシレントルネコの大冒険ポケモン不思議のダンジョン)をスマホゲームでできるようにした「世紀末デイズ」

f:id:creponn_supinn:20190124234327p:image

スパイク・チュンソフトが作ってるし

風来のシレンの新作出して欲しいからある程度お布施してたんですが

 

f:id:creponn_supinn:20190124234658p:image

https://wiki.seikimatsu-days.jp/entry/id5c40086b551e36af72000001

なんと最終アップデートのお知らせ…/(^o^)\

 

正直始まりから終わりまで見届けるとは思いませんでしたね。。。

 

ローグライクRPGはかなり腰吸えてやるゲーム。

周回用にオート機能(めっちゃ優秀)もあった。

デスプロムナードや超ハードはマジで常に人操作じゃないとクリアできないというバランスがなかなか良かった。

ただ基本的にスマホゲームは手軽さがウリなことご多いからゲームシステム的には合わなかったのかな( ˘•_•˘ ).。oஇ

サービス開始が7月の後半、Twitterとか見ててもかなりポカポカ運営で、キャラの排出具合もよかった。

配布キャラのシレンといよがめっちゃ強くて、特にシレンは回復の剣装備可能、罠確率回避と全体攻撃持ちっていう超優秀キャラだったのが嬉しかった。

イベントで手に入るキャラが大抵強かったり、むしろこいつしか当てはまる枠がないとかあったり良心的。

でも売上が取れなかったんだろうなぁ。

 

ui、デザインや世界観も良くてはじめやったとき「なんでコンシューマーで出さへんのや?」って思ってたくらい。

 

可能ならじっくり開発してコンシューマーで新しい不思議のダンジョンのブランドとして出して欲しい。

最近セカダン、ポケダンと有名ブランドにひっかけて出すことが多いし(でも好きだからやる)

 

運営お疲れ様でした。

楽しかったからホント新作出してください。