くれぽんすぴん!!

楽しく、でも真面目に生きるをモットーとしてもろもろつづります。

レゴロボ「白雲」

レゴロボ「白雲」完成してました。

f:id:creponn_supinn:20171020045551j:image

と言ってもリメイク版だったりする。

元々Brick Mech Avengersで作ったキット「ファイアスターター」のカスタムモデルで作ったんですが、デザイン的にかなり気に入ったので、くれぽん流にリメイクしてみました。

 でもTwitterだと黄昏の方が人気なんですよね。

僕は自分の作品大好きマンなので、当然黄昏もかなりお気に入りですが、少し意外でした。

 

ファイアスターターのカスタムモデル版はこちら。

f:id:creponn_supinn:20171020045441j:imagef:id:creponn_supinn:20171020045501j:imagef:id:creponn_supinn:20171020045518j:imagef:id:creponn_supinn:20171020045530j:image

二刀流カッコいいやろ!?って思って作ったもの。

このモデルはミクセルジョイントを多様しているので可動域がとてもあるのが魅力的です。

15cmほどの小さいサイズなので、ミクセルジョイントでも充分ポーズを保てるので遊びがいがあります。

あとホントカスタムしやすい。これ大事。

 

相変わらず武器のデザインがおそまつなんだけど、やはりインプットしまくらないとダメですねぇ…。

機体のデザインは和風の侍をイメージ。

属性は氷。

 

リメイク版はこちら。ファイアスターターカスタム版と見比べてみるととても面白いと個人的に思っています。

f:id:creponn_supinn:20171020050212j:image

立ち姿。(刀を持った状態)

f:id:creponn_supinn:20171020050455j:imagef:id:creponn_supinn:20171020050505j:imagef:id:creponn_supinn:20171020050511j:image

立ち姿アップ。ファイアスターターカスタム版と比べて、当然ながら各部位の情報量をかなり上げています。

特に頭部分はより作りこんでいます。実はそんなに大きさ変わらないんですけどね。

ほぼ毎回首の接続の仕方が変わるので、それに合わせて頭の組み方も変わってきます。

しかし同じヒーロータイプのロボばかり作ってるので、変化球や別の作り方を考えて行こうと思います。

ただ今回新パーツの半欠けスロープを顔に採用したところ、かなりしっくりきています。

よりイケメン度合いが増すことができましたね。

 

f:id:creponn_supinn:20171020052254j:imagef:id:creponn_supinn:20171020052259j:image

立ち姿 剣片手持ち 肩かつぎ。

FF7クラウドや、キングダムハーツのソラはこういう感じ多いですね。

でかい獲物を持っている感。力強さを表し、余裕の表情が出ています。

5本指にしているのでかなり表情が出ます。カッコいい。

 

f:id:creponn_supinn:20171020052606j:image

立ち姿 強そうなポーズ

先ほどと違い、力強さではなく華麗、耽美さが出ています。

強者感は変わらず。クールな印象を受けますね。

白雲のイメージ的にはこちらのほうが合います。

顔以外にも足首以下をかなり作りこんでいます。

つま先を曲がるようにしたり、足の裏にスラスターが付いていたり。 

f:id:creponn_supinn:20171020051458j:imagef:id:creponn_supinn:20171020051503j:imagef:id:creponn_supinn:20171020051507j:imagef:id:creponn_supinn:20171020051512j:imagef:id:creponn_supinn:20171020051518j:image

剣アクションその1

上段突きの構え…牙突の構え(るろ剣斎藤一の技)ですね。

傘とか棒とか持っちゃうとやってしまう…やらない?

実は手首に新パーツの1×1ラウンドクリップ受けを仕込んでいるので、武器側のクリップでしっかりと止まります。

 

f:id:creponn_supinn:20171020051855j:imagef:id:creponn_supinn:20171020051905j:image

f:id:creponn_supinn:20171020052911j:image

剣アクション2

片手振り下ろし。

めっちゃカッコいい(自画自賛

非常によく撮れています。肩、肘、手首、腰がフルに可動するのが良くわかる写真です。

右から左ななめに袈裟斬りをするための体重移動を体現できているかなと思います。

 3枚目は刀をかなりぼかして機体にピントを合わせたもの。

 

f:id:creponn_supinn:20171020052854j:image

f:id:creponn_supinn:20171020053015j:image

剣アクション3

両手持ち。

剣アクションでオーソドックスながら難しい構え。

両肩、肘、手首の関節をうまい具合に調節し両手で持たせないといけないので、ハード。

撮り方を変えれば勇者パースにもなるかな?

下半身に重量感出ているのがポイント。

 

f:id:creponn_supinn:20171020053251j:imagef:id:creponn_supinn:20171020053256j:image

剣アクション4

居合斬り。

1枚目が渋すぎる。1~3は動で、4は静といった感じ。

大きく膝関節を曲げても倒れない。

つま先を曲げられるようにしているのでポーズにより動きが出ているかなと思います。

 

f:id:creponn_supinn:20171020053743j:image

銃アクション 引き撃ち

黒背景に黒い武器はダメだと思うんですね、僕(僕のせい)

ただポーズはめっちゃカッコいいです。

銃手頃なのを全然作ってないせいで、写真撮れていません。ホントカッコいいのを作れるようになろう。

 

f:id:creponn_supinn:20171020053949j:image

座りアクション

片膝立ち。

つま先が曲がるのでかなり安定して立てます。

バランスもいい感じ。

 

クールで、ビューティフルかつスタイリッシュを目指しました。

加えてこのように様々なポーズを倒れる、外れる心配なく立てるようにしました。

デザインと剛性のバランスがかなり取れています。

今までは撮影するのにかなり神経使ってましたが、今回は楽々。

僕は可動させてポーズ取らせるまでが好きなので、可動はできるだけ確保しておきたい。

様々な作品を見て、作っていくうちにかなりベストなバランスになったと思います。

ただ遊んでいると膝関節のT字バーが折れたので、今度は膝関節はミクセルジョイントを二つ付けたものとかやってみようかなと思います。

 

今度は再現系でも作ってみようかな?

【イベント】2017/1 梅小路レゴ展示会

ずっと更新を忘れていたこのブログ…。

実はこの1年様々なイベントに参加させていただきました。

それはもう楽しかった、出てよかったの一言につきます。ですが、それだけではあまりにももったいない。なので、学んだことや感動したことを文に残していきます。

当時の写真やほかの方のブログなどを元に思い出しながら書いていきたいと思います。

 

かう"ぇさん主催の梅小路のレゴ展示会は1月の中旬でした。

ただこの日は今年一番冷え込んでおり、ものすごい雪が降っていて、関西全域の交通網が遅れたり止まったりするほど。

梅小路展示会周辺…京都は雪まみれで銀世界が広がっていました。

電車の中に乗っていたら僕は東北とか新潟みたいな豪雪地帯に来たんやっけ?と勘違いするほどの吹雪でした。

ですが、そんな中でも梅小路展示会の中は熱気が凄くて、人も暖かったです。

 

「外は大雪でお客様もそんなに来られないでしょうし、展示会というよりはオフ会でまったりしましょか笑」みたいな話をしていたところ、気づいたらこんな感じに…( ˘ω˘ )

 f:id:creponn_supinn:20171003125751p:image

多ッッ!!予想とは裏腹に入り口でお客様にちょっと待ってもらうほどの盛況っぷり!

中にはTwitterでフォローをしてた人もたくさん来られてました!

販促物や広報も事前にかなりやっていてくださったので、そのおかげなんだなぁと感じました。

 

中にはキットを販売していたり。

f:id:creponn_supinn:20171006024143j:image

これめっちゃかわいいやん…と思ってすぐに買いました( ˘ω˘ )

すぐに売り切れるからお早めにということでした。

これもう一両同じのを増やして真ん中2つほど客席のものを作れば本格的な新幹線に…╭( ・ᄇ・)و

 

実はこのイベント、建物やトレイン、ミリタリーや楽器、テクニックまで参加者がそれぞれ出すものがバラバラのオールジャンルでした。

なので、それぞれの個性が際立つ展示会となっていました。

 

その中でも僕はレゴロボ勢として参加していました。レゴロボ勢って結構いるイメージなんですが、この展示会ではなんと僕1人笑

f:id:creponn_supinn:20171003131105j:image

僕はこんな感じで展示していました。

横には自前のiPadを用いて、作品をカッコよく撮った写真のスライドショーを展開させていました。

ただそこまでしてる割に、机に直置きしてるところや、自立せずに倒れたりとかもしていたので反省。次はもっとカッコよくなおかつ倒れないように展示するんやと決心しました。

 

この反省を踏まえ、6月のJBF(ジャパンブリックフェスト)では以下のように。

f:id:creponn_supinn:20171003131505j:image

もちろんこれはこれでまた反省点がありますが笑

JBFでの詳しいことはJBFの記事で書きます!

 

一番左の格納庫、整備工場のジオラマは実は前日に突貫工事でつくったもの。

でもめちゃくちゃ好評でした。レゴの特徴であるミニフィグと、「どういう場所でどういうことをしているのか?」という設定がひと目でわかるのが、一番大きかったところではないかと思います。

来場してくれたお客様と色々と話すことは多かったんですが、やはり嬉しかったのは「このロボ買いたいね!」とか「カッコいい!」とか言ってくれることでした。

僕はカッコいいロボが大好きなので、そういっていただけるのは作者冥利に尽きます。

 

Twitterで見てる人の作品を生で見られるわけですけど、ホントヤバい。

感動するんですよ。ほんとに。

特にジャンルが違うから余計のことやと思うんですが、なんでブロックがこうなってんの?みたいなのがあるあるなんですよね(逆もしかりらしい)

畑が違うとそれだけ表現の方法も必要なブロックも変わってくるんだなぁと改めて思いました。

ロボビルダーならT字バーとかミクセルボールとかボールジョイントとかめっちゃ使いますけど、ほかのジャンルだとビックリするくらい使われないですもんね(笑)

 

レゴブロックが気になる方はぜひ展示やイベントにお越しいただけるのが一番!

生でどう組んでるのかも解説してくれる人も多いですしね。

 

夜会は僕は参加出来なかったんですが、めっちゃ楽しんでたようで何より…僕も参加すればよかった:;(∩´﹏`∩);:笑

もしかしたらあれ帰ったの僕だけだったのでは??

 

かう"ぇさんからはぜひまた夜会来てください!とのことでしたが、今年の8月のブリックライブでそれが実現されましたね╭( ・ᄇ・)و

また別途記事を書くのでお待ちくださいませ( ˘ω˘ )

 

レゴロボ「Sleipnir(スレイプニール)」

f:id:creponn_supinn:20170414104540j:image

f:id:creponn_supinn:20170930024014j:image

 レゴロボ「Sleipnir(スレイプニール)」完成してました。

レゴロボを作り始めてから2年という節目なので、自分の技術の集大成的なものを作ってみました。

テーマはロボに乗るレース競技で使用される機体。

スピードがあるのは当然、障害を避けたり妨害能力を備えたりという設定。

なので武器も破壊、殺戮を目的するものではなく、妨害用の電動キャノン。

名前の由来は北欧神話の馬の名前から。とても速い馬で有名。

変形することで多脚になり安定して走行が出来る感じに。

 f:id:creponn_supinn:20170930023900j:image

f:id:creponn_supinn:20170930023942j:image

f:id:creponn_supinn:20170518000224j:imagef:id:creponn_supinn:20170518000301j:image

 

後ろはこのような感じ。このモードではバックパックがかなり巨大という印象。

f:id:creponn_supinn:20170518000509j:imagef:id:creponn_supinn:20170518000521j:image

 f:id:creponn_supinn:20170930024133j:image

こちらはSleipnirがバトルレースに参加するための整備場。パイロット、整備士と研究者がいて、それぞれが各々の役目を果たして、チーム一丸でレースに勝利することを目的としています。

f:id:creponn_supinn:20170930023338j:image

f:id:creponn_supinn:20170930023548j:image

f:id:creponn_supinn:20170930023606j:image

 

 Sleipnirをつくったきっかけはみぞれ(@amefuri_mizore)さんが提案した#レゴレースロボコンペから。

このようなある程度のイメージがつきやすいテーマを出されて自由に作るのも面白いなぁと思いつくってみました。

 

 デザインに関してはかなりカッコよくできました。スタイル良く、顔もヒーローっぽく。

写真で見ると更に映えました。

頭の角部分は馬の耳を、身体はなで肩にすることで、少し女性っぽさをイメージしています。

今までメカニック色の強いロボはつくったことがなかったので、今回はメカディテールを意識して作りました。

特に腰周りの関節や裏のエンジン、ブースト部分、コックピット周辺など。

逆に装甲部分はポッチ部分が完全に隠れるように、タイルやスロープタイルなどふんだんに使いました。

おかげでメカニックと装甲のデザインにメリハリがつき、わかりやすい作品になったなぁと思います。

色を白にしたのは単に白パーツが多かったからという理由もありますが、特別な馬は白いイメージがあったので。

差し色としてネイビーを入れましたが、かなり引き締まりました。この色の組み合わせってめちゃくちゃカッコいいですよね。

 

サイズは28センチほど。相変わらず結構でかいです。

僕は顔を作りこみたい人なので、顔をつくった後に全体のバランスを考えて作るため、どうしても大きくなる傾向があります。 

個人的には大きいものの方が好きなので全然つくるんですけどね。

今度は小さいロボにも挑戦しないと行けないですね(8月にそれが達成されるのは考えてもみなかったであう。)

レゴロボ「キングエクスカリバー」

というわけで制作期間およそ3ヶ月。

ついに勇者テイストのレゴロボ「キングエクスカリバー」が完成しました。

勇者ロボの終わりから今年で20年という節目なので作ってみました。

 

 

<1,完成品の写真>

f:id:creponn_supinn:20170111133644j:image

今回のベストショット。

やっぱり騎士といえばこういうポーズだと思うんですよね。黒背景とライトがマッチしていてカッコいいです。

f:id:creponn_supinn:20170111141700j:image

いわゆるカトキ立ち

f:id:creponn_supinn:20170111141715j:image

白背景だと全体像がわかりやすいですね。

右手に持っているのは自身の名を冠する聖王剣エクスカリバー

f:id:creponn_supinn:20170111141745j:image

左肩に接続されているシルバーカノンで中距離も対応可能。

f:id:creponn_supinn:20170111142104j:image

勇者ロボはとくに下から見上げたアングルがカッコいいですよね。

かなり意識して組み上げました。

f:id:creponn_supinn:20170111142140j:image

騎士ポーズその2。剣を使うならさせてみたいポーズですね。

f:id:creponn_supinn:20170111142432j:image

f:id:creponn_supinn:20170111142513j:imagef:id:creponn_supinn:20170111142446j:image

f:id:creponn_supinn:20170111142528j:image

 定番の勇者パース。これは外せないですよね。

行くぞっ!必殺!シャイニングインパクト!

 

<2,制作過程>

f:id:creponn_supinn:20170111150240j:imagef:id:creponn_supinn:20170111150301j:image

なんとなーく作ってみた頭は最初はこんな感じでした。このとき8月後半。

デカいしバランスがあまり良く無い…。

というわけで何度も何度も納得のいくまで作り直しました。

始めはガチで変型合体までやろうかと思ってたんですが、ブロックが足りないのと技術がまだ明らかに足りないので断念しました。

 f:id:creponn_supinn:20170111150730j:image

頭がある程度できたので身体の作成。

このとき胴体はドラゴンにしようと思ってました。およそ9月ごろ。

f:id:creponn_supinn:20170111150849j:image

腰や胴体のディテールを盛ったところ。

明らかにバランス悪いんだよなぁ。

f:id:creponn_supinn:20170111151001j:image

股関節がクソザコすぎるのでは?と思って頑丈にするために一度作ってみた。

しかし太ももがあまりにも大きすぎてバランスがおかしいので解体。

この膝に使われている強力な関節パーツをどう接続するか非常に迷っていました。

f:id:creponn_supinn:20170111151313j:image

 紆余曲折あったもののある程度ディテールができてきたので立たせることに成功。

ここからバランスをより良くするために何度も細かい修正が行われることになる。

f:id:creponn_supinn:20170111151446j:image

それっぽいポーズ。やっぱり稼働するモデルは作っていて楽しいです。

稼働の範囲を作るために強度やバランスをものすごく考えていかなければダメですが。

f:id:creponn_supinn:20170111151643j:image

肩を作り始めたところ。ロボを作るときにかなり肩から腕にかけての接続やディテールに迷います。

f:id:creponn_supinn:20170111151747j:imagef:id:creponn_supinn:20170111151757j:image

しかし一度バイオニクルの作品を作ったおかげで、そこから大きなヒントを得ます。

できるだけ軽く、稼働もあってバランスのよくなるような接続…となると被せればいいのではと。

スペースシャトルの頭がここで役に立つとは僕も思ってませんでした。

f:id:creponn_supinn:20170111152620j:image

 武器です。構造自体は単純。

今は勇者パースをさせるためにもっと柄が長かったりしてます。

刀身は見ての通り1×2黄色ブロックを重ねているだけなのでかなり脆いです。

 f:id:creponn_supinn:20170111152122j:image

 胴体の作成にもかなり四苦八苦してましたが、エルドランシリーズの合体や決め技バンク集とか見ていたら「あぁ、胴体これを模倣すればええやん?」となって、即制作に取り掛かりました。

下半身まだ全然整えてなかったんですけど、上半身はほぼ完成できてました。

f:id:creponn_supinn:20170111152411j:imagef:id:creponn_supinn:20170111152448j:image

ここら辺は完成にほぼ近づいてますね。

あとは背後の制作だけというところでした。

 

そして肩の中の構造や足や頭のディテールも追加、変更など細かい調整を行い完成しました。

やったぜ。

 

<3,作品の設定や詳細>

新幹線、戦車、竜のロボ、そして少年の持つ心と剣の共鳴で「聖王合体」することでできる…という設定。
全長31m。勇者ロボの中でもガオガイガーと並ぶ大きさ。

 

勝手に考えた架空の勇者ロボシリーズ「勇者神機 エクスカリバー」の主人公機。
神話の世界から追われ、別の宇宙の世界を支配するためにこちらの来た悪神たち。(ヴリトラやロキ、クロノス、呂布ヤマタノオロチなど)
彼らの力はとても強大なもので、全宇宙が混沌に落とし入れられてしまう。人の弱い心に漬け込み、利用し、支配する。

彼らの思惑を阻止するために正義の心を持つ神たち(アーサーやオーディン、インドラ、アテナ、スサノオなど)はドワーフたちと共に自らの象徴である「神器」を模した意思のある「神機」を作った。
その「神機」に正義の心を宿し己の分身を創造し、こちらの宇宙に送り込む。
しかし「神機」はあくまでも「武器」
扱う人間がいる。同じく正義の心を持ち、勇気のある者。
クロノスたちが送った刺客の攻撃に巻き込まれる形で「エクスカリバー」を抜いてしまう少年は神機の所持者となり刺客を撃破。
少年は人の抱える闇と対面し、もがきながら戦いに身を投じていく。
というありきたりなストーリー設定のもと作られました。
なので他にも神機はいるという設定。
エクスカリバーの盾となり基地となるアイギス(戦艦)
定番の忍者系、隠密、諜報役 天叢雲(ステルス機)
対空、中距離サポートで参謀 グングニル(戦闘機)
雷撃による遠距離広範囲の破壊力 ヴァジュラ(機関車)
頑強で誰よりもパワーがあるウコンバサラ(パワーショベル)

なお作る予定は無い模様。

 

<4,終わりに>

およそ40cmある巨大サイズです。ジャガーノートより大きいロボになりました。
ここまで大きく密度の大きいものを作るのは初めてで、装甲のディテールや強度、デザインのことを考えながらやっていたのでかなり時間がかかりました。
しかしおかげでかなり正当な「勇者ロボ」に出来た自信があります。

 

モチーフはあるとはいえ、オリジナル作品は評価されにくい傾向があると思いますが、ツイッターにupしたところ、かなり好評だったのでとても嬉しいです(*´ω`*)

 

今年はロボだけでなく、ロボを活かしたジオラマなども作っていきたいと思っています。

レゴの非公式イベントではあるものの、レゴ最大規模のイベントであるJBFにも今年は出る予定なので楽しみにしてください!

 

長くなりましたが、ここまで読んでいただきありがとうございました!

ポケモンサンムーンその1

ポケモン新作やらない予定だったんですが、こう皆やってるのを見るとやりたくなるんですよね。全くどうしようもないです。

 

寝ずにやって17時間でストーリークリア。

めちゃくちゃスルーしまくってたので技マシンおろかお守り小判すらもってませんでした。

f:id:creponn_supinn:20161121022211j:image

上から順にガオガエン、ヨワシ

アローラナッシー、クワガノン

ソルガレオ、アローラベトベトン

 

ガオガエン…技範囲広くて便利。悪の一貫性の高さも評価。性格補正で素早さにかけていたらもうすこし楽になるのかも。

対戦だと不意打ちと特性威嚇を持っているし調整すれば色々耐える感じなステなので普通に使えそう。

 

ヨワシ…今作のギャラドス枠。レベル20から群れで使え、熱湯もヨワシをゲットできるところにあるので終始活躍。魚群は食べ残しのあとなどターンの一番最後にHPが25%以下になっていたら解除される模様。

単独の状態で回復しても同じでターンの一番最後に群れるから眠るとかは無駄な模様。

ステータスおばけ。ただHPと素早さが低すぎるのがきつい。

 

アローラナッシー…貴重な草ドラゴン。水電気受けられるやん!と思ったらめざパ氷と冷凍Bで瞬殺なのでガチでは日の目を見なさそう。

 

クワガノン…かっこいい。ただ図鑑説明詐欺すぎて笑う。とくこうは高いけど、そこまで硬くないしもうすこし素早さ欲しかった。遅すぎてストーリーでも上から殴られて1発しかぶち込めないしで元気の欠片食うだけの存在だった。

 

ソルガレオ…かっこいいがかっこいいだけ。禁止伝説戦では珍しい物理型。ただエスパーが足を引っ張りまくってる。ギラティナやゴーストアルセウスに手も足も出なさそうだし技の威力が高くないからドラゴンを受けられても狩れない。トップメタのゲンシグラードンにはどうあがいても勝てない。

特性もクリアボディ。うーん、この。

でもポケモンリーグではマジでお世話になりました。

厳選はほとんどしてません。

 

アローラベトベトン

弱点地面だけになった。ドラピオンと違って特殊にも厚いのでワンチャン。大文字覚えるのは正直デカイ。どちらも地味に通りがよかった。

 

皆んな遅くて最終的にガオガエン、ヨワシ、ソルガレオくらいしか使ってなかったです。

ってか今回連戦に連戦重なるし全然抜けないしで難易度は高かった。

あと敵がやたら火力高い。マジで高い。

ポケモンリーグ再戦もまだクリアできてない。

明らかに努力値振ってんだろっていうくらいの素早さとか火力なんだけど…。

 

これから厳選していきます。

とりあえず4Vメタモンポケルス、さめはだフカマルとかはゲットしたのであとはパワー系やあかい糸をゲットする作業。

ウルトラビーストやガブリアスでなんとかバトルツリーでBP荒稼ぎしたいところです。

 

レゴバイオニクル「破竜の英雄 ジークフリート」

レゴバイオニクル(ビルダブルフィギュア?)「破竜の英雄 ジークフリート」完成してました。

 f:id:creponn_supinn:20161104115737j:image

身の丈もあるほどの巨大な剣…神剣バルムンクを容易く振り回す怪力持ち、悪竜ファフニールを屠る。

ファフニールの返り血を浴びたことで、背中の一部分以外は傷一つつかぬ無敵の身体を手にした英雄。

 

 f:id:creponn_supinn:20161104115743j:image

バルムンクは凄まじい魔力を秘めていますが、見た目のとおり非常に大きく、そして重い大剣の中の大剣。

並大抵の人間では振り上げることすら不可能ですが、彼にとっては木の枝を降るようなもの。

まさに彼のみが扱える剣といえます。

 

 f:id:creponn_supinn:20161104115820j:image

神の装備すら作り上げる妖精ドワーフたちにより作られた黒い鎧は、彼の身体に馴染んでいます。

ファフニールを打ち倒し、無敵の身体を手にした彼には今は不要なもの。

しかし彼はこの鎧があったからこそ打ち倒せた、という感謝と敬意をドワーフたちに表すために今もなお着続けています。

 

 

タイムラインでバイオニクルを作る人の作品を見る度に1度「カッコイイ鎧騎士を作りたいよなぁ」とずっと思っていたんですが、神セットと呼ばれるLEGO レゴ ローグワン/スターウォーズ・ストーリー ビルダブル・フィギュア K2SO 75120という商品を2つ購入し、制作の目処がついたのでやろうとやる気になれました。

マジで凄いな、パーツ構成(⊙ꇴ⊙) 

バイオニクルは1度組み換えをしたことがありますが、初めて1からバイオニクルを制作したという割にはかなり上手く制作できたと思います。

f:id:creponn_supinn:20161020165814j:image

とはいえ正直マジで何をすれば作れんの?とか思っていたので、やっぱり色々な人の作品を参考にしていました(⊙ꇴ⊙)

まずは素体を組まないとお話にならなくね?と思い素体から作り、そこから気合いで鎧をつけていくという風に。

頭はとりあえずバランスを見るためにSWのやつ使ってます。

f:id:creponn_supinn:20161020172553j:image

脚の構成。シリンダーを入れたあと、かなり安定して立ってくれました。

f:id:creponn_supinn:20161020172714j:image

Twitterでもアップした全体像。いい感じにバランスが整ったと思います。

最終的には肩の構造も変えてフィニッシュしました。

システムのロボでもそうなんですが身体のバランスと構成はめちゃくちゃ意識してます。横から見るとS字をほんのり描いているとかですね。

f:id:creponn_supinn:20161020172641j:image

やっぱり何もつけていないとめっちゃ軽いんですよね。よく動きます

例のスーパーヒーロー着地もできます(⊙ꇴ⊙)(ノルマ達成)

 

正直かなり作りやすかったです。イメージもしっかり決まっていたというのもあると思いますが。

システムと違い大きい割にめっちゃ軽いし、テクニックでしっかり接続されています。

ブロックが取れたりすることなく、ポージングもかなり決まりますね。

 

システムでこれ位(およそ30cmほど)の大きさになるとめちゃくちゃ重たくて関節がすぐにイカれます。

ただニクル、テクニックの素材で理想のデザインを大きく逸脱することなく、柔軟に対応できるというのが作ってて思いました。

 

システムはどうしても必要なブロックがめちゃくちゃ多くなるので、一からとなるとかなりしんどいイメージがあります。

ミクセルシリーズも終わるみたいだし:;(∩´﹏`∩);:

ただこの作品は1万円と少しくらいでこれが作れたので、めっちゃ安価で作れたという気がします。

SWのビルダブルフィギュアは製品によっては叩き売りされてたり、安い割にパーツ構成はなかなか良いのが揃っています。

なので新規の人もレゴ作りに参入しやすいのが最大のメリットかなと思います。

皆で作って楽しみましょう(*´ω`*)

 

レゴロボ「ブルートルマリン」

最近めっちゃ寒くなってきましたね。

あれだけ暑かったのに急に寒くなってきてびっくりですね。

鳥取で震度6ほどある地震もあり僕が住んでる大阪もかなり揺れました。しかも揺れが長い(⊙ꇴ⊙)

 

f:id:creponn_supinn:20160624211039j:image

そんなこんなでレゴロボ「ブルートルマリン」完成してました。

青装甲 流線型 差し色は黄色。

人乗りではなく遠隔操作。海中で活動するためです。

主に海底、海中の探索や調査などを行う目的地で作られた機体です。

 

f:id:creponn_supinn:20161029233923j:imagef:id:creponn_supinn:20161029233948j:imagef:id:creponn_supinn:20161029234025j:image

 背中には巨大なタンクを2つ背負っています。

海水を取り込み電気分解することで酸素を作り出すとか何だとか。このエアーを利用しスラスターを起動させます。

 

f:id:creponn_supinn:20161029233759j:image
肘、肩、腰、脚、足裏それぞれにスラスターで水中の動きもスムーズにしています。

海中での活動に特化させています。

 

f:id:creponn_supinn:20161029234553j:image
肩上、頭、胸、腕にライトがあるので暗い海底でも行動可能です。

光量は調節でき、フルパワーならば暗い海底に太陽の如く照らすことも可能だとか。

 

f:id:creponn_supinn:20161029235154j:image

海底の強力な水圧に対応するために耐圧フレームで構成されています。

また進むとき水の抵抗を抑えるために丸みを帯びたフォルムになっています。

 

f:id:creponn_supinn:20161029235335j:imagef:id:creponn_supinn:20161029235630j:image

海底の探索、調査を目的とするため、武装は少ないです。

武器は腕についたウェッジソード。非常に協力でスラスターによる加速もあり、岩ですら一刀両断します。

オプションで四連装酸素魚雷も装備することができます。

 

f:id:creponn_supinn:20161029235824j:image

デザインは機能的にシンプルにを意識しました。

コンセプトもはっきりしているので作りやすかったです。

稼働もかなり意識しているのでよく動きます。

 

f:id:creponn_supinn:20161029235953j:image

f:id:creponn_supinn:20161030000225j:image

ブルートルマリンは非常によく撮れている写真が多いです。友人も何気にこのシンプルなデザインが好きと言ってくれてたり。

下からのあおりや全体が写ってるものはカッコよく撮ってくれています。

 

 

f:id:creponn_supinn:20161030000409j:image

実はこれはブラックルビーとほぼ同時期(6月頃?)に作られたもの。素体の作りを忘れないうちに組み上げ、デザインもすっと決まりあまり苦労した覚えがない作品です。

f:id:creponn_supinn:20161030000544j:image

ほぼ完成版。このあとブリッカーズでブロックを注文し、色を揃え完成させました。

 

 

5~6月頃から僕のレゴロボ作りに拍車がかかり、大きくレベルが上がったような気がします。

すごい作品から作り方を真似る。

真似るだけでなく自分流のアレンジを入れる。

少し難しいことにも取り組むという大切さを教わりました。

 

最近はこの素体から離れてレッドオニキスのようにデカヒンジ使ったりするようにしたり、さらに色々試みてます。

T字バーやミクセルボール、デカヒンジやボール型ヒンジなどたくさんの間接がありますが、テクニックのパーツを使った間接など様々な使い方があるので、強度もあるよりよい素体を作れるように研究していこうと思います。

 

 

ここまで読んでくださりありがとうございます(*'ω' *)