くれぽんすぴん!!

楽しく、でも真面目に生きるをモットーとしてもろもろつづります。

気づくということ。(学んだことは横にも縦にも結びついていくこと。)

昨日は勉強をすることの意味について書きました。
今日は勉強や学習によって得られることを書いていきます。さっくりと見ていきましょう。

 

結論から言うと学び経験して得た知識というのは、点で終わるのではなく、線で繋がるということ。

 

この時「あの時こういうことを学んで来たけど、ここにも活かせる」と気づくことです。
よく家に届いてた進研ゼミの漫画でも「ここ進研ゼミでやった問題だ!」というのと同じ感覚です。わかりやすいですね。
おそらく似たような感覚を持った人もたくさんおられるとおもいます。
気づいたとき、楽しくなると思います。自分がやってきたことは無駄ではないと再確認できます。

 

この気付き…知識が線と線で繋がるため、一つの分野の知識を人に教えられるくらい勉強していると、相乗効果で更に勉強の効率が良くなります。
点がたくさん出来て、線で繋がりやすくなるためです。
ソシャゲで周回パーティーを用意するのはめちゃくちゃしんどくて一回5分かかってたけど、頑張って用意すると1分で周回できるようになり、色んなパーティーやダンジョンでも使い回せるという感覚ですね。

 

これに気づくと楽しくなってきますし、応用も効きます。
一度結びついた線はなかなか消えることもありません。記憶は似たような事象と関連づけて更に強化される為です。

 

あらゆる勉強は学んで考えて、やってみたり書いたりすることは決して無駄になりません。
自信を持って勉強していきましょう。